デコパージュサロンandNブログ

おしゃれで実用的なデコパージュの作り方やお役立ち情報を、神戸で人気の講師がわかりやすくお伝えするブログ

紙で纏うガラス皿~クールでアートなデコパージュ皿の完成

 

こんにちは。デコパージュサロンandN(アンドエヌ)講師のNamiです。

この間まで猛暑が続いていたのに急に秋めいてきましたね。秋は美味しいものが多いしファッションも楽しくなる季節!!年々短くなってきている貴重な秋を楽しみたいですね。

 

そんな秋の始まり、毎年少しづつ増やしているガラス皿に仲間入りした新作2枚をご紹介します。

>10月レッスン日程を更新しました

紙を纏うガラス皿

まずはこれまで作ったガラス皿の一部も一緒にご紹介。過去のブログでも登場しているスクエア皿です。丸い豆皿が今回の新作です。これまでとはちょっと雰囲気が違ってるでしょ!

 

大きなクラック入りのアートなガラス皿

実際生きている昆虫は苦手なんですけどね、なぜかモチーフとしての昆虫は気になる存在。何度か登場しているデザインですが作るたびに違った姿に感じるからあら不思議・・・。

デコパージュのガラス皿を作るときには、いつも透明感を失わないようにデザイン選びやレイアウトを考えるのですが、今回はどうしても表現したいイメージがあって、クリアな部分は封印。

お皿の真ん中から外側に向かって大→小になるようにグラデーションクラックを入れ(本当は外側はもっと小さなクラックを入れる予定でしたが予想外に大きくなっちゃいました。)アクセントにシルバーとイエローを加え、昆虫のデザインをデコパージュしています。

これまで作ってきたガラス皿の中では、ひと際アートスティックな一枚になりました♡お気に入りが増えて大満足です。

個性強めのカッコ可愛いガラス皿

1枚目のガラス皿よりひと回り小さなサイズのこちらの豆皿は、シルバーバックで個性強めのカッコ可愛い系の仕上がりに。小花の先には小さな蜂さんをレイアウト。蜂さんは長い間マイブームです。今後もたびたび登場するかも♡

そして、よく見ると極小サイズのクラックも入れてるんですよ。かなり間近で見ないとわからないのですが、これがまた不思議さと奥深さを加え味のある雰囲気になりました。

手のひらサイズの豆皿にお気に入りだけのパーツを閉じこめて、まん丸フレームの中にお気に入りのペーパーデザインを永久保存♡

これでいつでもデザイン眺めながら楽しめます♡

 

 

飾るだけではもったいないので、我が家では作ったガラス皿は実際にお食事を盛って楽しんでいます。ちょこんと並ぶガラス皿がまた愛らしく使うたびに愛着がわいてくる作品の一つになっています。

皆さんも是非アートなガラス皿を作ってみませんか!楽しんでいただけること間違いなしです♡

※ガラス皿は実際にお食事を盛って楽しんで頂けます。洗剤を付けて洗うことも可能です。使用上の注意事項もございますので詳しくはお問い合わせフォームまたはレッスン受講の際にご質問ください。

※レッスン希望の方は、フリーレッスン(クラック入りガラス皿希望)とお伝えください。事前の準備がございますので予めお知らせくださいますようお願いいたします。

>お問い合わせ・ご予約はこちらの専用フォームから

 

>最新のレッスン日程についてはこちら

 

-お知らせ